今回の「メタルのうん」は【MR.BIG/ミスタービッグ】特集!ヒストリーを名曲と共に、リリースした作品から必聴のアルバム。また厳選したライブに人気のTシャツ・グッズなど、あらゆる情報をまとめてご紹介していきます!
こちら↓の目次からアルバムやライブ情報に移動できます。

【MR.BIG/ミスタービッグ】


1989年に結成されたアメリカのカルフォルニア州出身のハードロックバンド。本国より日本の方が人気が高く、地方都市も含めた国内ツアーを行っていた時期もある程。


英のロックバンド「Free」の楽曲「Mr.BIG」が由来、(Dr)パット・トーピーが名付けた。意味の一つとして「BIGなメンバーが集結したバンド」もある。

「To Be With You」2ndアルバム『Lean into It (1991)』収録


1988年にデビッド・リー・ロスバンドを脱退したビリーシーンが、中心になって結成。ソロシンガーとして活動していたエリック・マーティンを採用後、

元「レーサーX」で有名だったポール・ギルバートと「インペリテリ」のドラマーだったパット・トーピーが加入して、オリジナルメンバーが揃いデビューしました。


・デビューシングル「Addicted To That Rush (1989/official MV)」



当時は音楽シーンが早弾き全盛期から、エモーショナルなプレイが注目されはじめた頃。もとバキバキの華々しい経歴を持つ、テクニシャンメンバーが集まったスーパーバンドとして大きな注目を集めました。

1991年2ndアルバム『Lean into It』が15カ国でナンバー1を記録するヒットとなり、日本でも国内バンド以上に知られる人気になりました。

・「Daddy, Brother, Lover, Little Boy (Official LIVE MV)」2ndアルバム『Lean into It (1991)』収録


マキタのドリルで早弾きするパフォーマンスがバカウケ。この曲でMrBigを知った方も多いでしょう。この2ndアルバム『Lean into It (1991)』は名曲揃いの超名盤でした。

・「Green-Tinted Sixties Mind (OfficialMV)」2ndアルバム『Lean into It (1991)』収録


1993年3rdアルバム『Bump Ahead』、1996年4th『Hey Man』をリリース。アメリカで商業的な成功はできなかったものの、Mr.Bigは日本をはじめアジア各国で大きな人気を維持しました。

日本限定のライブアルバム『Row Like Sushi』シリーズもありましたね。バンド側には「Big In Japan」現象と呼ばれています。

1997年にMrBigはメンバーがそれぞれ他のプロジェクトを手掛けるため、一時的に解散。その後、ボーカルのエリック・マーティンは、ソロで国内ツアーをしていました。

1999年 再結成~2002年 解散



・「Shine (OfficialMV)」6thアルバム『Actual Size(2001)』収録

MrBigは1999年に再結成しますが、ギターのポール・ギルバートが脱退。理由は「レーサーX」の再結成のためでした。新たなメンバーに元「ポイズン」のリッチー・コッツェンが加入しました。

5thアルバム『Get Over It』はリッチー・コッツェンの特色を活かすために、ブルージーなアルバムに音楽性が変化。悪くはなかったのですが、ポール・ギルバート時代のポップさを求めるファンには不評だったようです。

・「Colorado Bulldog (G)Richie Kotzen (Live In Korea)」


その後メンバーとビリー・シーンの間が悪くなり、2001年6thアルバム『Actual Size』をリリースする直前に解雇されたと公式報道されます。

エリック・マーティンとマット・トーピーは、バンドを維持するためにビリー・シーンを解雇を決定。しかしコッチェンはバンド参加の理由が、ビリーとのプレイだったと主張し意見が分かれました。


ビリー・シーンは創設した自分を、解雇しようとしていたことにご立腹。全員で話し合っていた結果、解散を決定。ラストツアーまでの参加を同意しました。

2002年2月5日東京国際フォーラムホールAのライブを最後に、MrBigは解散しました。

2008年 MrBig再結成~

2008年5月13日ロサンゼルスのハウスオブブルースで行われたポール・ギルバートのソロライブに、ビリー・シーン、パット・トーピー、リッチー・コッツェンが参加。元MrBigのメンバーが揃い、MrBigの「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」を演奏しました。

情報によるとメンバーはこの時、素晴らしい時間を過ごしたとか。エリック・マーティンに連絡を決めて、再結成へ動き始めます。

2009年2月1日、世界に先駆け日本のラジオ番組「ヘビィメタルシンジケート」にて、オリジナルメンバーで再結成のメッセージが発表されます。6月に行われた国内ライブツアーは10公演全てソールドアウト、変わらぬ人気ぶりを証明しました。

「Take Cover(Back to Budokan 2009)」3rdアルバム『Hey Man(1996年)』収録



2010年には約9年ぶりの新作アルバム『What If..』をリリースし、順調な活動を継続していました。

しかし2014年にパット・トーピーが2年前からパーキンソン病を患っていると発表。8thアルバム『... The Stories We Tell Tell 』では演奏ができない状態でしたが、ドラムのプログラマーとして参加しました。

2018年パット・トーピーの死去と解散の予定


「Defying Gravity(OfficialMV)」9thアルバム『Actual Size(2017)』収録

MrBigのドラムにサポートメンバーのマットスターを迎え、9thアルバム『Defying Gravity』をリリース。演奏はマットでしたが、ドラムはパット・トーピーの名前でクレジットされています。

しかし2018年2月7日にパーキンソン病の合併症により死去。享年64歳でした。

その後MrBigはライブ出演していますが、パット・トーピー存命の期間に決まっていたものであり、彼なしで継続は難しいと各メンバーがコメントしています。


ポール・ギルバートが不在でもリッチー・コッツェンを採用して活動してたし、創設者のビリー・シーンはクビになりかけてました。その2人からもパット・トーピー無しのMrBigは考えられないとの事、相当な存在感だったことが伺えます。

エリック・マーティンは新作アルバムの予定をコメントしていましたが、2020年現在も新たな動きは公表されていません。

結成後に提供された幻の未発表曲「One Way Out」



1988年公開の映画「CADDYSHACK II」に収録されている「One Way Out」は、バンド名が決まる前の楽曲だったため、エリック・マーティン名義の幻のシングル。メンバーは紛れもなくMR.BIGです。


【MR.BIG/ミスタービッグ】



よかったらポチリお願いします♪

MEMBERS


http://farm4.static.flickr.com/3464/3244200359_00cd785385.jpg


ベース:ビリー・シーン/Billy Sheehan(1988–2002、2009–)



結成当時、ディヴィットリーロスバンドでスティーヴ・ヴァイと共演で、超絶技巧派として知られていた。現在は元ドリームシアターのDr.マイク・ポートノイとのスーパーバンド「The Winery Dogs」、「Sons of Apollo」で活動中。

リードボーカル:エリック・マーティン/Eric Martin(1988–2002、2009–)


 ソロバンド,オーディションを数々受けていたが、実質このバンドで有名になった。バンド解散後もソロで地方を含め来日公演を数多く行っている。

ギター:ポール・ギルバート /Paul Gilbert(1988–1999、2009–)


 早弾き黄金期に「RacerX」の光速ギタリストとして有名だった。現在はソロを中心に活躍中。

ドラム:パット・トーピー -Pat Torpey(1988–2002、2009–2018死去)



 早弾きギタリスト、クリス・インペリテリのバンド【!mpellitteri】のDrだった。MrBigバンド名の名付け親。2014年に2年前よりパーキンソン病を患っている事を公式に告白。2018年2月7日パーキンソン病の合併症のため逝去。享年64歳だった。

ドラムが演奏できない状態でも、ライブで1曲だけやパーカッションなどで参加していた。メンバー全員が彼なしでMrBigは継続できないと語っている。


サポートメンバー
Dr)マット・スター /Matt Starr(2018年〜、ツアーメンバー2014〜2018年)

元メンバー
G)リッチー・コッツェン/Richie Kotzen(1999-2002)
1999年脱退したポールの後釜として加入した。Vo能力も高く、その後のアルバムにも貢献した。現在は(B)ビリー・シーンと共にThe Winery Dogsで活動中。


AlbumDiscography


【MR.BIG/ミスタービッグ】のアルバムはSpotifyなど各ストリーミングサービスでで配信中!無料リスニングできます。


AppleMusic→【MR.BIG/ミスタービッグ

各アルバムタイトルはYoutubeプレイリストにリンクしています。チョイ聴き・チェックにご利用下さい。

1989 Mr. Big
Mr Big


Lean Into It [Expanded]

15カ国でナンバー1を獲得した名盤。ベスト以上の名曲尽くし。

1993 Bump Ahead
バンプ・アヘッド



1996 )Hey Man
Hey Man [Expanded]




↓ポール・ギルバート脱退後(G)リッチー・コッツェン
2000 )Get Over It
Get Over It







↓オリジナルメンバー再結成後
再結成後初アルバム






 Best Album
(1996年)BIG, BIGGER, BIGGEST! -THE BEST OF MR.BIG-
DVD

ディープ・カッツ~MR.BIG バラード・ベスト~

MR.BIG
イーストウエスト・ジャパン
2000-07-26


(2004年)GREATEST HITS
Greatest Hits



(2009年)NEXT TIME AROUND -BEST OF MR.BIG-


LiveSelection


・Addicted To That Rush(LIVE@Budoukan)
タッピングのユニゾンで始まるバンド名の期待に応えた1stアルバムオープニングナンバー!

【MR.BIG/ミスタービッグ】のライブから画質・音質が良好な動画を厳選しました!最新のライブから、今では見られない貴重な過去映像までたっぷりお楽しみ下さい。

「Burn(DeepPurple Cover)


 
こういったインストのカバー曲が見れたのも、MrBigライブの魅力でした。


Wacken Open Air 2018



SetList
00:00 Daddy, Brother, Lover, Little Boy
03:54 Rock & Roll Over
07:35 Alive & Kickin'
12:50 Take Cover
17:32 Green-Tinted Sixties Mind
20:56 Price You Gotta Pay
25:25 Open Your Eyes
32:28 Wild World
35:38 Around the World
39:26 Addicted to that Rush
47:26 To Be With You
51:23 Colorado Bulldog



Live from The Living Room 2011


東宝スタジオで収録されたアコースティックギターライブ。出だしがちょっとだけコントに見える。

Setlist
1 Undertow    
2 Still Ain't Enough For Me
3 As Far As I Can See    
4 Voodoo Kiss    
5 Take Cover    
6 Around The World    
7 Stranger In My Life
8 All The Way Up    
9 To Be With You    
10 Nobody Left To Blame

Back to Budokan 2009



SetList
0:00:21- Daddy, Brother, Lover, Little Boy
 0:04:24- Take Cover
0:09:10- Green-Tinted Sixties Mind
0:13:46- Alive and Kickin
0:19:23- Hold Your Head Up
 0:30:00- Just Take My Heart
0:34:20- Temperamental
0:40:09- It's for you
0:44:00- Pat Drum Solo
0:49:00- Price You Gotta Pay
0:54:39- Stay Together
0:58:17- Wild World
1:02:45- Goin' Where The Wind Blows
1:08:02- Take a walk
1:12:20- Paul Gilbert Solo
 1:15:55- Paul & Billy duo
1:19:25 - Human Capo solo
1:20:32 - The Whole World's Gonna Know
1:24:30 - Promise Her the Moon
1:28:57 - Rock & Roll Over
1:33:00 - Billy Sheehan Solo
1:39:07 - Addicted to That Rush


The Roxy 1999(G.Richie Kotzen)



SetList
Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)
Take Cover
Green-Tinted Sixties Mind
Superfantastic
Voodoo Kiss
Alive and Kickin'
Static
Wild World(Cat Stevens cover)
Electrified
Price You Gotta Pay
Hiding Place
To Be With You
Addicted to That Rush
30 Days in the Hole(Humble Pie cover)
My New Religion
Colorado Bulldog
Mr. Big(Free cover)


Farewell Live In Japan 2002(G/Richie Kotzen)



SETLIST
01. Lost In America
02. Daddy, Brother, Lover, Little Boy
03. Shine
04. Price You Gotta Pay
05. Superfantastic
06. Alive And Kickin'
07. Suffocation
08. Static
09. Where Are They Now?
10. Take A Walk
11. Dancin' With My Devils
12. To Be With You
13. Electrified
14. Addicted To That Rush
15. Mr. Big
16. Blame It On My Youth


 Live and Kickin'1991



TrackList
Daddy,Brother,Lover,Little Bosy
Alive & Kickin'
Rock & Roll Over
Green-Tinted Sixties Mind
Big Love
Road To Ruin (Guitar Solo)
Take A Walk (Drum Solo)
CDFF Lucky This Time (Bass Solo)
Addicted To That Rush
To Be With You
Woman From Tokyo ? Baba O? Riley

入手可能なTシャツやGoodsのストック情報

国内で購入可能な【MR.BIG/ミスタービッグ】グッズを調べてみました。

・Amazon


楽天市場

ロックTシャツ 半袖 Mr.Big グラフィック Tシャツ

価格:2,178円
(2020/6/15 16:53時点)


【送料無料】 ミスタービッグ Mr. Big プリントTシャツ

価格:1,980円
(2020/6/15 16:53時点)



よかったらポチリお願いします♪